横浜銀行カードローンとは

横浜銀行カードローンとはどういったものか

横浜銀行カードローンとは横浜銀行が安定した収入のある人、およびその配偶者で、契約時満20歳以上69歳以下の人を対象にお金を貸しているローンです。横浜銀行と取引きがなくても申し込みができ、また担保や保証人もいりません。このローンを利用できる地域は神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市となっています。

貸出し金利は年1.9%~14.6%で、貸出し限度額は10万円から1000万円まで、横浜銀行ATMやコンビニのATMで借りることができます。申し込みするために来店する必要はなく、インターネットなら24時間365日可能です。申し込み時の審査には本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)、収入証明書(源泉徴収票、納税証明書、確定申告書など)が必要です。返済は毎月10日となっており、返済は前月の定例返済最後の借り入れ残高に応じて、指定の預金口座から自動的に引き落とされます。

横浜銀行カードローンで郵送なしでお金借りる流れ

横浜銀行カードローンを利用する場合は、東京あるいは神奈川と群馬県の一部地域に在住または在勤であることが条件です。申し込みはインターネットから可能で、銀行まで足を運ぶ必要はありません。必要な情報を送信し終えると審査が始まり、結果は電話によって伝えられます。申し込み時に連絡先を指定するようになっていて、自宅・携帯・勤務先の3通りがあります。そして審査に通過すると契約へと移り、カードが発行されるとお金を借りられるようになります。

カードは郵便で送られてきますが、もし横浜銀行の普通口座を持っていた場合は郵便なしの選択も可能です。ただ横浜銀行が用意した他のローンや未返済額がある場合は、対象外になることもあるので事前の確認が大切です。これらのお金借りる流れは、場合によっては申し込みの翌日に完了することもあります。

口座を持っていない場合でも申し込みは可能ですが、審査から契約に移る期間の間での開設が求められています。店頭以外でもスマートフォンのアプリを使用した方法もあります。実際にお金を借りる場合はカードを使用しますが、横浜銀行のATMだけでなく他の金融機関やコンビニなど提携しているATMでも借りられます。

横浜銀行カードローンの申し込み条件は何が必要?

横浜銀行カードローンを申し込む場合には以下の条件が必要となります。まずは満20歳以上69歳以下であることで、これは契約時の年齢です。また借り入れた後には毎月返済していく必要がありますので、定期的な収入があることは不可欠。

正社員であればほぼ大丈夫ですが、もちろん非正規労働者やパート、アルバイト、年金受給者であっても審査を受けることは可能ですし、またパートナーが正社員の専業主婦の方でも申し込み条件をクリアできます。インターネットで申し込みを行えるので全国どこに住んでいても大丈夫なのかと思いきや、実は居住地域に制限があるのが横浜銀行カードローンの特徴で、具体的には神奈川県と東京都全域、その他には群馬県の一部、前橋市と高崎市、そして桐生市の方が対象となっているのは注意が必要です。

これらに加え、横浜銀行指定の保証会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方であることも重要で、こちらで不可とされると利用できません。

横浜銀行カードローンの金利と利用限度額について

横浜銀行カードローンの金利と利用限度額ですが、金利は年率1.9%から14.6%、利用限度額は最大1000万円となっており、数あるカードローンの中でも限度額の高さは特筆すべきものがあります。担保や保証人を必要としないカードローンで限度額が4桁に達するような商品を提供している金融機関はそうそうあるものではありません。

ただし、もちろんどんな人でも1000万円まで借りることができるわけではありません。こちらの希望する金額を申し出ることは可能ですが、限度額そのものはあくまでも横浜銀行側が決めるものであり、審査の結果次第ということになります。ただ、限度額が大きくなればなるほど金利は低くなります。例えば限度額が100万円以下の場合は最高利率の14.6%が適用されますが、200万円以下にまでアップするだけで11.8%とかなり安くなります。最低金利である1.9%が適用されるのは限度額が最大の1000万円に設定された人となります。

横浜銀行カードローンの返済方法は大きく分けて3種類

横浜銀行カードローンを利用して借りたお金の返済方法は、原則として普通預金口座からの自動引き落としですが、それ以外にも、ATMから返済する方法とインターネット上で手続きをとる方法が用意されています。

ATMを利用する方法は横浜銀行が設置している、あるいは提携している店舗に設置されているATMの端末から返済金額を入金する方法です。ATMを操作するにあたって気になるのは手数料ですが、横浜銀行設置の端末についてはすべて無料となっているほか、コンビニエンスストアやデパートに設置されている端末の中にも無料で手続きがとれるものがあります。できるだけカードローンに関係する部分の支払いを抑えたいのであれば、営業時間や手数料を調べて、利用する端末を決めておくと良いでしょう。

一方、インターネット上で手続きをとる方法は、横浜銀行のインターネットバンキングサービスの利用登録を済ませていれば選択することができます。横浜銀行カードローンに契約したら、インターネットバンキングサービスでカードローン用の口座をサービス利用口座に追加しましょう。このようにすることで、インターネット上から借り入れと返済ができるようになります。

横浜銀行カードローンの審査と事前に準備しなければならない必要書類

満20歳以上で神奈川県や東京都内、群馬県の桐生市や前橋市、高崎市に勤めているか居住している場合、横浜銀行カードローンを利用することができる可能性があります。横浜銀行カードローンを利用する際は、必ず審査を受けなければなりません。審査に関しては、必要書類を提出する必要がありますが、本人確認書類として運転免許証が必要です。表だけではなく裏も必要なため、注意する必要があります。運転免許証の他にも健康保険証やパスポート、マイナンバーカードも本人確認書類として認められています。

外国籍の場合は在留カード、特別永住者は特別永住者証明書が必要です。本人確認書類以外にも収入証明書が必要な場合もあり、借入限度額が50万円を超える場合は証明書を提出する必要があります。住民税決定通知書や源泉徴収票、納税証明書や確定申告書や納税証明書が審査に必要な収入証明書となります。審査は横浜銀行に口座が存在する場合、パソコンやモバイルからWEB完結契約の申し込みを行うことができ、最短翌営業日に電話で結果を知ることができると考えて間違いありません。口座が存在しない場合は、審査後契約までに横浜銀行の口座を開設する必要があります。