カードローンの審査について

カードローンで審査落ちする原因とは

カードローンで審査落ちする原因には様々なものがあるので、どれに該当するのか把握できるようにしておくと良いでしょう。最も問題になるのが過去に支払いの長期滞納や債務整理をして個人信用情報機関に記録されているブラックリストと呼ばれる状態であり、これが残っていると審査に通るのは難しいです。

この個人信用情報機関には他社のカードローンの契約・利用状況なども記録されて参照できるようになっているので、年収に対して借り入れ残高が多過ぎる場合なども返済できなくなる可能性が高いと警戒されて審査落ちする原因になります。

特に消費者金融や信販系と契約する場合には総量規制で年収の3分の1までしか借りられないので、この上限に達していればそれ以上は断られます。審査の際には一般的に在籍確認として、申し込み書に記載されている勤務先に電話をして実際に収入を得ているのか調べるので、ここに虚偽の記載をしたときにも確認ができないので利用できません。

カードローンの審査基準と流れについて

カードローンの審査基準と流れはどのようになっているのでしょうか。どんなカードローンでも、申し込んだ後には一定の流れに沿って審査が行われます。まず初めには書類審査が行われ、その後に与信調査と在籍確認が行われるというのが普通の流れです。

書類審査では、申込書に記載された情報を元に、その申込者の属性をポイント化する方法で行われることが多いようです。どのような属性にどのようなポイントが付けられ、最終的に何点以上あればパスなのかというのは高度な企業秘密であり公開されているような情報ではありませんが、例えば勤務先であれば公務員や大企業の正社員であればポイントが高く、契約社員や派遣社員はどうしても低くなりますし、アルバイトやパートはさらに低くなるといった具合です。

勤務先の他にはもちろん年収額とか勤続年数の長さもポイント化されて審査されますし、仕事に関係するものだけではなく住居や家族に関することもポイント化されるようになっています。

与信審査では、信用情報機関に問い合わせが行われ、他のカードローンに何件くらい申し込んでいるかとか、残高はどれくらいあるのかが問題となります。最終的に勤務先に対する在籍確認が行われるのが全体的なカードローンの流れになります。

信用情報でカードローンの審査は行なわれる

クレジットカードなどでは数分でカード発行ができることもあります。そのようなケースになれば、自社が定めている審査基準で合否を決定していることが多いですが、カードローンのほとんどが信用情報をもとに審査を行っています。この情報は、対象者に今まで延滞や返済滞納または債務整理などの過去になりますが、その情報をカードローンを発行している各貸金業者が把握しているわけでありません。この情報は一括で管理されています。

個人信用情報機関というものがあり、そこで一括で申込者の情報を管理しています。その情報を共有することで、申込みをした人の信用情報を確認し、合否の結果が出ることになりますので、ここはとても重要なポイントです。貸金業者にまつわるどんな情報でも管理されていることから、ここの情報が悪ければなかなかカードが発行されることが難しくなります。ちなみに自分で問い合わせることで、どんな情報になっているのかを知ることが可能です。

カードローンの審査に通らない理由は一つとは限らない

カードローンは誰でも利用できるわけではなく、申込先の銀行や消費者金融会社が実施する与信審査を通過できた人が利用することができます。もし、審査を通過できなかった場合、考えられる理由は一つとは限りません。

カードローンの審査に通らない理由としてよくあるのは、借入希望額が収入の状況にあまりに見合っていないというものです。審査では、源泉徴収票や給与明細などで申込者の収入状況がチェックされるため、あまりにも返済能力に見合わない金額を希望すると融資を断られます。
他の金融機関や消費者金融会社からの借り入れがあるのも、審査に通らない理由となりうる点の一つです。あちこちからお金を借りていて件数が多くなっていたり、他のところから借りたお金の支払いがまだ相当残っていたりすると、貸し付けたとしても返済が困難な状況に陥ると判断されて融資を断られることがあります。新たにカードローンに申し込みたい場合は、既に借りたお金を全部返済するか、完済の見込みがある状況にしておきましょう。

カードローンの審査に通らない理由はこの他にもあります。融資を断られたら、原因を調べて解消させてから再度申し込みましょう。

カードローンの審査で無職の場合には

基本的に、カードローンを利用したいという場合には安定した収入などが審査ではチェックされます。そのため、無職となると審査は通らないケースがほとんどです。ただし、専業主婦などの場合には、配偶者の収入などによっては通過することもあります。

無職では審査が通らないという場合の対策として、アルバイトを始めてみることや個人事業主となるなどいろいろと行動して収入をなんらかの形で得られるような状態になることが大切です。ある程度の収入を得られるような状態ならば、審査なども通過しやすくなるため働くことを考えてみましょう。

年金生活者の場合には、審査OKとしているカードローンもありますが、あまり積極的に年金受給のみの方の審査を通す傾向はありません。そのため、年金受給以外の収入がない場合には厳しいとみていいでしょう。

カードローンを利用するという場合には、安定した収入を得ている状態など審査に通りやすい状態にしてから受けるようにすることが大切です。そのためにも、バイトなり個人事業主なりになって収入を得る方法を見つけることも必要だといえます。カードローンに頼り過ぎないように、生活を安定させていくことも大切なポイントです。

カードローン審査と信用情報機関のデータベース

カードローンとは専門のカードやクレジットカードを使って、お金を借り入れることが出来る個人向けの担保が必要ない融資のことを指します。借り入れ限度の金額以内であれば、指定した銀行口座を介してATMなどから繰り返し自由に借り入れることが可能です。返済する方法は色々ありますが、分割で支払うのが主流となっています。

またカードローンで、お金を借り入れるには審査にパスする必要があります。ですので信用出来る人物かどうかが大切です。信用出来るかどうかを判断するために、他社から借り入れている状況を調査します。申し込むときに自分から申請も行いますが、申請内容が正しいかどうかを信用情報機関のデータベースと照会します。信用情報機関では、他社から借り入れているかどうかや過去の取引の履歴などの情報を管理している訳です。

すでに幾つかのカードローンで借り入れをしていたり、返済を滞納させていたりしているときには審査をパス出来る可能性が低くなります。また、信用情報機関では電話番号や勤務先の情報も知ることが出来るため、申請した情報に偽りがないかどうかという点もチェックされる訳です。ですので審査に通りやすくなるようにと虚偽の内容を申告してしまうと、すぐに偽りが発覚して、かえって信用されなくなるので正直に申請する必要があります。

カードローンの審査は3件以上から借り入れるとブラックリスト入り

カードローンに申し込むときには審査を受ける必要があり、無事に通過することが出来ると借り入れ限度の金額以内であれば自由に繰り返し借り入れることが可能です。返済も毎月最低返済金額が設定されていますが、それ以上の金額であれば自分の経済状態に応じてまとめて返済することも出来ます。

そしてカードローンで行われる審査は、お金を貸し出した金融機関が実施するのが一般的です。金融機関は、お金を貸し出す相手に対して返済することが出来る能力があるかどうかを審査します。審査に必要な時間は、カードローンに申し込んだ人の経済的な状況に応じて数分で済む場合もあれば数週間ぐらいかかる場合があります。

ブラックリスト入り寸前のような審査にパスするかことが難しい人の場合は時間がかかってしまう場合が多いです。消費者金融のカードローンの場合は、すでに3件以上の金融機関からお金を借り入れている人はブラックリスト入りし融資されない3件規制と呼ばれるルールが存在します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする