お金借りる セブン銀行カードローン

MENU

▼即日でお金を借りるなら▼

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!

セブン銀行カードローンとは

セブン銀行カードローンとは「セブン&アイ・ホールディングス」が設立した銀行です。有人の店舗とインターネットバンクとの中間の様な存在で、特殊な部分が多い商品とも言われています。

 

現在、セブン銀行はコンビニATM事業としては最大手となっていますが、設立は2001年で、「アイワイバンク」の名称でコンビニATMの設置を初めています。設立されてからしばらくは預金関連サービスに特化していましたが、2010年に個人向けのローンサービスが開始され、他のカードローンにはない特徴を備えた商品となっています。特徴的なのが他のカードローンに比べて極端に低く設定された契約限度額で、最高でも50万円が上限です。

 

また、銀行口座のキャッシュカードにカードローン機能を付加した商品となっており、1枚のキャッシュカードにカードローン機能をまとめたい方に向いていると言われています。限度額が小さく、50万円を超える融資には利用できない商品ですので、使いすぎが不安という方でも利用しやすいカードローンです。

 

セブン銀行カードローンのお金借りる流れについて

セブン銀行カードローンのお金借りる流れは、まずWeb上から可能であり、銀行指定の申し込み画面の必要事項欄全てに入力を実施し、本人確認書類(運転免許証などのコピー)もWeb上にアップロードして申請します。

 

その提出された書類や申し込み内容を基に銀行と保証会社アコム株式会社にて審査が行われます。(審査には最短2〜3営業日程度かかります。)

 

審査にあたりサービスを受ける条件があります。それはまず、セブン銀行口座を保有していること、契約した時の年齢が満20歳~満70歳であること、保障会社(アコム株式会社)の保証が受けらえること、日本国籍であること、ただし、外国籍の場合は、永住者であることです。(永住者確認は、有人店舗でのみ実施されます)

 

以上の審査が終わると登録済みEメールアドレスに審査結果が送付され、審査が通っていると後日キャッシュカードが郵送されるので、カード受領後にダイレクトバンキングサービスにて利用開始登録を実施すると、契約手続き完了を知らせるメールが登録Eメールアドレスに送付されます。
その連絡が来た後に、全国のセブン銀行ATMやダイレクトバンキングサービスにて曜日や時間帯にかかわらず借入れや返済(手数料無料)で、ローンサービスの取引きが可能になります。

 

セブン銀行カードローンの申し込み条件はどのようになっているか

セブン銀行カードローンの申し込み条件は、公式サイトには次のように記載されています。セブン銀行口座を持っていること(申し込みと同時に開設した場合も含む)、契約時の年齢が20歳以上で70歳未満である、一定の基準を満たして保証会社の保証を受けられる、外国籍の場合には永住者であることを満たしていれば申し込みが可能です。

 

この条件には申し込む人に安定した収入があることが含まれておらず、提出する書類にも収入証明書がありません。そのため、一見すると無職の人であっても利用できるように見えますが、注意が必要になるのが保証会社です。アコムが指定されていますが、利用者が支払えなくなったときに代位弁済することになるので、こちらの審査に通らなくなる場合があります。保証を受けるための条件は本人か配偶者のどちらかに安定した収入があることなので、配偶者が働いている専業主婦であれば利用できますが、夫婦で無職であれば契約は難しいです。

 

セブン銀行カードローンの金利と利用限度額

セブン銀行カードローンは、コンビニチェーン店のセブンイレブンのATMでも使うことができるカードローンです。24時間365日、時間を気にせずに使うことができるメリットが存在し、コンビニであるセブンイレブンを良く利用される方に優れています。

 

セブン銀行カードローンの特徴には、まず利用限度額が10万・30万・50万・70万・100万円から選択が可能で、利用するシーンに応じて使い分けることができます。金利については10万・30万・50万円の年利15%で、70万・100万の年利14%となります。

 

ただ2018年3月18日で70万・100万円の増額受付に関しては申し込みの受付を終了しています。なお利息の計算は元加方式を採用していることもあり、これは発生した利息を借入残高に組み入れる方式になっています。

 

もっとも金利は2018年度時点であり、将来の経済状況によっては変動する可能性も存在します。利用限度額も10万・30万・50万に絞り込んだことで借りすぎを防ぐことも可能です。

 

セブン銀行カードローンなら返済方法が選べる

セブン銀行カードローンを利用している時には、月々あらかじめ決められた日に返済する方法の他にも、随時の返済が可能です。月々の返済があらかじめ決められている約定返済では、利用限度額に応じて固定の返済額をセブン銀行口座から自動引き落としします。原則として、利用限度額が10万円の場合には月々5,000円ずつ返済し、30万円または50万円の場合には10,000円です。70万円または100万円の場合には、15,000円となっています。

 

毎月他の金融機関の口座から一定額をセブン銀行口座に入金する毎月自動入金サービスは、とても便利ですし手数料もかかりません。口座間で資金を移動する手間を省ける方法です。

 

随時返済を希望する時にも、色々な返済方法があります。キャッシュカードを使って現金で返す、セブン銀行口座から振替えするという方法は、セブン銀行ATMから行えます。インターネットを介すダイレクトバンキングを利用して、普通預金から振替えることも可能です。随時返済をする際には一部返済と全額返済とがあり、一部返済を選ぶと利息の返済はできません。全額返済を選択した時には、借入残高と利息を含めた金額が返済金額になります。

 

セブン銀行カードローンの審査を受けるときの必要書類

カードローンの与信審査に申し込む際には本人確認や収入証明ができる書類を提出しなければなりませんが、セブン銀行カードローンの場合はこの必要書類はWeb上で提出をすることになります。具体的には、書類をスマートフォンに搭載されているカメラかデジタルカメラを使って撮影して画像として保存し、そのファイルをアップロードすることによって提出します。

 

画像ファイルをアップロードするときには注意点がたくさんあります。まず、書類全体が鮮明にわかることが大原則です。近年発売されているスマートフォンやデジタルカメラであれば性能が大きく向上しているため、ブレないように気をつけていれば鮮明な写真を撮ることができますが、ひと昔前の携帯電話やデジタルカメラを未だに使い続けていると、できる限り高画質で撮れる設定にしなければならない場合があります。

 

また、フラッシュはたかずに、明るい場所で自然光や照明の光を利用して撮影しなければなりません。フラッシュをONにして撮影してしまうと、光が反射して書類の一部が見えなくなってしまうことがあります。横長の書類を提出するときも、画像が縦長になって書類が小さく見えてしまわないように気をつけましょう。

【スグにお金が必要な方におすすめ】

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!