お金借りる 住信SBIネット銀行MR.カードローン

MENU

住信SBIネット銀行のMR.カードローンとは何なのか

MR.カードローンとはオンラインバンキングの一つである住信SBIネット銀行が個人向けに発行している、カードローンサービスのことを差します。住宅ローンや自動車ローンと違い、コンビニや銀行などに設置されているATMから必要なときに必要な分だけ、人を介さずにお金を借られるというのが特徴です。
MR.カードローンは早ければ貸し出し審査が即日に終わるようになっているため、旅行先で急に資金が足りなくなったときや突然高額な欲しい物が出てきたときなどでも、その日の内に現金を引き出しやすいといったメリットを有しています。一方で手軽にローン契約を結べる利便性に対して、年利が高めに設定されていることから不必要にお金を駆り続けると利子が膨大に膨れてしまうなどの危険性も孕んでいます。使い方次第で生活面や趣味の面で非常に役立つカードローンであると言えますが、本当に必要なときのみに利用すべきだとも一般的に言われているのです。

 

住信SBIネット銀行のサービスであるMR.カードローンでお金借りる流れとは?

住信SBIネット銀行のサービスであるMR.カードローンでお金借りる流れは、WEBを利用して簡単に申し込むことが出来ます。借入する場合には住信SBIネット銀行の口座所有が条件ですが、WEBで口座開設とローンの申込を同時に行う事が出来るため、簡単に申し込めるのです。

 

WEBによる申込が終了すると、入力内容を元にカードローンの仮審査が行われます。仮審査承認後にはオンライン口座の開設手続きを行いますが、その手続きは本人確認書類を郵送せずに全てオンライン上で申込が可能でありキャッシュカードは本人限定受取郵便で郵送されてくるのです。申込からキャッシュカードの受け取りまで約1週間程度になります。

 

仮審査の結果は最短で申込から60分程度で回答がなされ、メールやメッセージボックスに通知がなされます。借入金額によっては必要な収入確認書類を提出することになり、本審査に向けて勤務先への在籍確認が電話で行われるのです。勤務先への連絡に関しては、プライバシーに配慮した上で担当者の個人名で電話がなされます。全ての確認が終了したら、カードローン口座開設のお知らせがメールとメッセージボックスに届き、WEBサイトより受け取り確認後借入が可能になります。

 

住信SBIネット銀行のMR.カードローン申し込み条件って何?

住信SBIネット銀行のMR.カードローンの申し込み条件として、担保や保証人は必要ありませんが、職場への電話連絡による在籍確認が行われます。会社に直接、連絡が来るのは困る方は注意しましょう。年齢については、20歳以上で65歳以下の方が審査に通りやすいようです。

 

住信SBIネット銀行の口座開設が必要です。まだ口座がない場合は、本審査までに時間がかかるので、借り入れまでさらに時間がかかってしまいます。
MR.カードローンは、住信SBIネット銀カード株式会社やSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の信用保証審査に通ると融資が受けられるカードローンです。

 

過去にこの2社への支払いを延滞している場合は、審査に通らない場合があります。SMBCコンシューマーファイナンスは、多数の銀行系カードローンの信用保証をしているので、他のカードローンで2ヶ月以上の滞納があった場合、情報が残っていて審査に落ちてしまうことが考えられます。過去のローンの支払いが済んでいるか確認してから申し込んだ方が良いでしょう。

 

住信SBIネット銀行のMR.カードローンの金利と利用限度額を紹介

住信SBIネット銀行のMR.カードローンはさまざまな用途に使用できる便利なローンです。スタンダードコースとプレミアムコースの2種類があり、スタンダードコースの金利は8.99%〜14.79%、プレミアムコースは1.59%〜7.99%の設定になります。利率は利用限度額によって変わる仕組みで、高額融資を受けた場合ほど低金利になります。ただ低金利を適用するために融資額を増やすと、今度は借入残高に対する利息が増えるので注意してください。

 

 

利用限度額はスタンダードコースが10〜300万円、プレミアムコースが10〜1,200万円です。10万円刻みで設定ができますので、必要な分だけ借りることができます。プレミアムコースの限度額は、大手銀行のカードローンと考えてもトップクラスです。住信SBIネット銀行のMR.カードローンは銀行融資のため、総量規制の対象外になるのが特徴です。そのため消費者金融よりも高額融資を受けやすくなっています。

 

住信SBIネット銀行が行う、MR.カードローンの返済方法について

住信SBIネット銀行のMR.カードローンの返済方法は、口座引き落としが基本となります。毎月5日(土日祝などの銀行休業日の場合は翌営業日)に本人名義の円普通預金口座から自動的に返済されます。月末時点で返済残高がある場合は、翌月1日にメール通知が届きますので、5日の返済日までに前もって口座に入金することが必要です。

 

また、住信SBIネット銀行のMR.カードローンには口座引き落とし以外にも追加返済(随意返済)という方法も準備されています。これは、利用者が自分の都合で返済することができる方法です。毎月5日の決められた返済方法に加えて行うものですから、早期にローン返済額をなくす、あるいは減らすことができるメリットがあります。追加返済を行う方法はWebサイトから行うものと、ATMから行うものの2種類があります。Webサイトからの返済は会員サイトにログインし、追加返済額を入力し、円普通預金口座から振替えます。ATMからの返済も簡単で、表示された画面から順次「カードローン」「ご返済」を選択し、あとは金額を入力するだけです。コンビニやスーパーのATM、JR東日本の駅構内などに設置されたATMからも手続きを行うことができ、たいへん便利です。

 

住信SBIネット銀行のMR.カードローン 審査のための必要書類はWEBでOK

住信SBIネット銀行のMR.カードローンは、ネット銀行の中でも好金利な上に手続きも簡単でスピーディーです。

 

申し込みから契約までWEBで完結、コンビニ提携ATMで手数料0円で返済が可能、毎月の返済額は2000円からと手軽に利用できるのが魅力です。

 

@まずはネットでカードローンの申し込みをします。口座を持っていない場合は「口座開設と同時申込」のボタンから進みましょう。必要事項を記入して送信します。

 

A30分で審査の結果がメールで送られてきます。
B仮審査が承認されれば、必要書類を提出します。本人確認書類と場合によっては収入確認書類の提出も求められます。本人確認書類とは運転免許証、写真付き住民基本台帳、在留カード特別永住者証明書、各種保険証、マイナンバーカード、パスポートのいずれかです。収入確認書類とは給与所得者なら、源泉徴収票、市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)、確定申告書(税務署への持参又は郵送により提出した場合:税務署の受付印のあるもの、e-Taxを利用して提出した場合:申告書の写しおよび受信通知)、給与明細直近1ヵ月分(勤続年数が1年未満で1〜3が取得できないとき)のいずれかとなります。

 

これらを提出期限内に、WEBアップロードかFAXで送ります。本審査が通れば口座が開設され、WEBサイト、提携ATMから借入が可能となります。