ブラックでもお金借りれる方法

ブラックでもお金借りれる方法はないと考えるのが得策

ブラックでもお金借りれる方法をネットで探している人がいますが、そのような方法はないと考えてください。ブラックになると信用情報に登録され、信用力がリセットされてしまうのです。こうした状態で融資をしたいと考える金融機関は存在しません。個人で貸し借りをする場合でも、返済能力のない人には貸さないでしょう。もし貸すならば返ってこないことを覚悟し、あげるつもりで貸すはずです。これは金融機関から見ても同じことであり、ブラックの人に貸さなくても相手はたくさんいるのです。

ブラックでもお金借りれる方法があるとすれば、闇金から借りるくらいでしょう。悪徳業者は利息で儲けることを考えているので、数万円などの少額融資をして利息を回収していきます。利息はトイチやトサンなど、法律の範囲をはるかに超えています。そもそも法律の範囲内で貸し出ししている闇金など存在しません。ブラックでもお金借りれる方法はないと考えて、ブラックのあいだは借りずに過ごすことを徹底してください。

中小消費者金融はブラックでも借りられるのか

一般的に個人信用情報機関に返済の遅延や債務整理などの事故情報が登録されている、いわゆるブラックリストに載ったと呼ばれる状態になっていると、ローンの申し込みをしても信用されないので借りられません。これは一時的なものですが、記録が削除されるまでには時間がかかるので、早く借りたいときには中小消費者金融を探してみると良いでしょう。ブラックの記録は残っているだけであり、現在の返済能力には問題がない状態にしていることが最低でも必要になりますが、中小消費者金融の中には契約できるものがあります。

ブラックの人に対して積極的に融資しているのではないので、通常に人と比べると審査に落ちやすく、実際に通る人はごく一部です。特徴的なのが申し込み書の内容であり、返済の滞納や債務整理をしたことがあるかチェックする項目があります。質問しなくても個人信用情報機関の記録で把握できるものですが、ここで嘘の回答をすると信用を失うので注意しましょう。審査は各消費者金融で異なりますが、面談が行われる場合もあり、人間性を見られているので丁寧な対応をするように心掛けます。借り入れが浪費ではなく必要に迫られたものであることや、返済の見通しが立っていることなども説明できるようにしておくと良いです。

ブラックになってから銀行で借りるにはどうするか

返済の遅延や債務整理によってブラックになった後に銀行で借りるには、時間の経過を待つしかありません。これは個人信用情報機関に事故情報が登録されている状態になりますが、永久に残るものではなく保存する期間が決められています。

特定調停や任意整理は5年程度で個人再生と自己破産は官報にも掲載されるので10年は影響が出ますが、それ以降になれば削除されるので審査に影響しなくなります。ただし、ブラックは個人信用情報機関だけ意識すれば良いものではないことに注意しましょう。遅延や債務整理の対象になっていた銀行には独自に記録を残しているので、時間が経過していても把握が可能であり、いつまでも審査に影響が出ます。

これは銀行から借り入れしていたときに保証会社になっている消費者金融や信販会社も同様で、代位弁済の際に記録しています。そのため、以前と同じではない、または関連している金融機関ではないことを確認してから申し込みをしないと借りるのは難しいです。

ブラックでもカードローン審査なしで借ることは可能なのか

ブラックの人に対してカードローン審査なしで借りられるとする貸金業者があっても、利用しない方が安全です。闇金融である危険性が高く、法外な金利で貸し付けられるため、ブラックになった人が借りてしまうと生活が困難になります。特に注意が必要になるのが、個人再生や自己破産をしていた場合です。

これらは裁判所を通して手続きをするため、国の発行する官報に掲載されますが、誰でも閲覧できるものなので闇金融などが勧誘する相手を探すために利用している場合があります。電話やチラシでカードローン審査なしなどと勧誘されることがあっても、応じないようにしましょう。正規の貸金業者の場合には、返済不能になった場合でも強引な取り立てはできず、督促をして裁判を行い、差し押さえの権利を得るなどの手順を踏む必要があります。

その前に債務整理で借り入れを減額される可能性が高く、損失を被るので審査なしで契約することはありません。ブラックではない人でもカードローン審査なしで契約はできませんので、都合の良い誘いに騙されないように注意します。

ブラックの人がお金借りる理由はローン依存にあり

ブラックになると最低でも5年間はローンから借りられませんが、多くの人が借入先を探すという現実があります。ブラックの状態でお金借りる理由は、慢性的なローン依存にあります。生活費の不足をローンで補っていた場合、借りられなくなると金欠になるわけです。例えば給料日の10日前になると借りるという人がブラックになると、10日前になればお金がなくなって困ります。収入の範囲内で生活し、計画的に貯金をしていればこうした事態にはなりません。しかし借り癖がついてしまった人は、簡単には借金をやめられないのです。

冷静に考えればお金を借りれば借りるほど貧乏になっていきます。利息の支払いが待っているので、商品やサービスを高額料金で購入していることになります。ブラックでお金借りる理由のほとんどは、収支のバランスの問題にあるのです。なぜ借りなくてはいけないのか、そして借りない生活のためには何をすればいいのか明確にしておく必要があります。自分の中で意識を変えていけば、借りなくてよい生活が実現するでしょう。お金借りる理由の多くは、自身のお金の使い方にあります。収支のバランスに見合ったお金の使い方をしていれば、ローンを利用しなくても乗り切れるはずです。

ブラックで絶対借りれるところがない理由とは

ローンを3ヶ月以上滞納したり、債務整理をしたりすれば信用情報機関に登録されます。ブラックと言われる状況になると、他社も含めて一切の利用ができなくなります。5~10年間は登録されますので、その期間はどのようなローンも利用できません。嘘をつくと審査でバレてしまいますが、理由は信用情報機関に情報開示請求をされるためです。他社から借りたことは一度もない、借りていたけど延滞はない、などと嘘をついてもまったく意味がありません。つまりブラックで絶対借りれるところがないのは事実です。

それにもかかわらず、ネット上ではブラックで絶対借りれるところがあると紹介している事例があります。債務整理をしてもOK、確実に審査に通過するなどの謳い文句をアピールしている会社がありますが、これらは貸金業登録をしていない悪徳業者です。いわゆるヤミ金と呼ばれる業者ですから、決して連絡をしないようにしましょう。連絡すると他の闇金からも連絡を受けるようになるなど、非常に面倒なことになります。貸金業登録をしている健全な業者の場合、ブラックで絶対借りれるところは存在しません。ローンを利用するには必ず審査が必要ですから、誰でも借りられるという甘い話はないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする