お金借りる 三井住友銀行カードローン

MENU

▼即日でお金を借りるなら▼

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!

三井住友銀行カードローンとは

三井住友銀行カードローンとは、インターネット上から誰でも気軽に申し込むことができるローンサービスです。申し込みは、三井住友銀行に口座を持っている人でも持っていない人でも可能です。

 

ローンサービスを利用する際に、わざわざ口座を開設しなくて良いというのも魅力的な点の一つです。インターネット以外にも、店内設置のローン契約機で申し込みすることもできます。審査に通ったら借り入れ開始ですが、その際はコンビニのATMからお金をおろすことができます。また、三井住友銀行やゆうちょ銀行も利用できる全国どこからでも不自由なく使うことが可能です。

 

返済はお金をおろした場所と同じATMを使う他、口座から自動引き落としや銀行振込といった方法から選べます。振込等の手数料は基本的に0円というのも、三井住友銀行カードローンの魅力と言えるでしょう。金利は借り入れ額によって、年率4パーセントから15パーセント程度まで変化します。担保が必要なく、年率もさほど高くない気軽に利用できるローンサービスになっています。

 

三井住友銀行カードローンのお金借りる流れについて

三井住友銀行カードローンのお金借りる流れは、三井住友銀行の口座の保有可否に限らずWeb上での申し込みが可能です。Web上の申し込み画面にて必須項目の入力を行い、本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)等のコピー)をWeb上にアップロードを行って申請を行います。

 

申請完了後に銀行と保証会社/SMBCコンシューマーファイナンス株式会社にて審査が実施されます。審査期間は申し込み内容にもよりますが、最短では翌営業日には結果が出ます。

 

審査にあたり、次の条件がありますので注意が必要です。まず、申込時満20歳~満69歳であること、安定した収入があること、銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられることです。

 

審査結果を、申請時に入力した電話番号(連絡は9:00〜21:00)もしくは登録Eメールアドレスに連絡が来ます。審査が通ると、銀行の口座を保有している場合は即キャッシュカードで借り入れが可能になりますが、銀行の口座を保有していないく、少しでも早くカードを受け取りたい場合は、ローン契約機(ACM)で受け取りが可能です。それ以外は郵送でカード受け取りとなります。カードを受け取ったら全国の銀行ATMやインターネットバンキングで借り入れ、返済が可能になります。

 

三井住友銀行カードローンの申し込み条件と厳しい審査

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、申し込み時満20歳以上満69歳以下であり、本人に安定した収入があることです。申し込みは本人に限り、三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシュマーファイナンス株式外社)の保証を受けられる方です。三井住友銀行カードローンは、他社と比べて金利が低く設定されており総量規制による借入限度額がありません。低金利で貸し付ける代わりに審査を厳しくしています。安定して継続した収入があり、返済能力を示す収入証明書を提出します。

 

特に希望限度額が50万円以上であれば、必ず収入がわかる書類が必要。給与口座を三井住友銀行につくることで、返済能力を示すことができます。三井住友銀行に口座があれば、インターネットで手続きが完了するメリットがあります。必要書類の提出もWebで完結するため来店の必要がありません。クレヒス(クレジットヒステリー)で利用履歴を残しておくことも重要です。貸したお金を返せるかどうかを厳しく見ますので、返済能力と希望限度額の低さが審査の重要な項目です。

 

三井住友銀行カードローン、金利と利用限度額の関係

三井住友銀行カードローンは、その名の通り三井住友銀行グループの消費者金融ですが、同行に口座がなくても取引は可能です。
一般論として、借入の金利や利用限度額などの融資条件は、借り手の信用力と、表裏一体の関係にある貸し手の回収リスクを反映して決められます。住宅ローンが超低金利を実現して居るのは、不動産を担保にすることで回収リスクを軽減していることと、用途を制限していることで資金の流出を防いでいるおかげです。

 

一方、カードローンは無担保で資金の用途に制限がなく、限度額内で繰り返し利用できるので、利用者の返済能力=年収や住宅ローンなど、他の借り入れ状況で決まります。

 

金利優遇も利用限度額を大きくするのも、同じく借り手の信用力の大きさなので、利用限度額が大きい人ほど利率は低く、反対に限度額が小さい人は相対的に利率が高くなります。

 

借り手の信用力のバロメーターとして一番わかりやすいのは収入ですが、繰り返し返済した実績も信用力を高めるので、遅延などのトラブルなしに取引実績を重ねれば、臨時に限度額の引き上げや金利優遇の通知をもらえることもあります。

 

三井住友銀行カードローンの返済方法について

三井住友銀行カードローンで借り入れしたお金の返済方法は3つの中から選択できます。ATMを利用する場合は三井住友銀行のATMはもちろん、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMなどでも返済できます。普通預金キャッシュカードを使用する場合、ゆうちょATMは利用できないので注意が必要です。画面の指示に従えば、特に迷うことなく返済できるはずです。

 

また、振込での返済も可能となっています。SMBCダイレクトというインターネットバンキングを使って、カードローン口座へ振込みすることで返済完了となります。銀行振込の際の振込手数料は、自分で負担しなければなりません。

 

最後は口座振替による返済方法です。返済期日までにカードローン口座へ入金がない場合、カードローンの返済用預金口座より自動的に引き落としされ返済完了となります。

 

返済日は5日・15日・25日・月末の4つから選択が可能です。返済日が銀行休業日の場合は翌営業日となります。このように三井住友銀行カードローンの返済方法は、いろいろと用意されています。返済日をしっかり守って、計画的に利用することにより便利で重宝するものとなります。返済ができなかったりすると、借り入れできなくなったりするので注意しましょう。

 

三井住友銀行カードローンに関する審査と必要書類

三井住友銀行カードローンは、メガバンクであることから審査は厳格に行われます。申し込み者の年収や信用情報に傷の有無、さらには他社からの借入の有無など徹底的に確認されます。それと勤務先に在籍確認もあります。きちんと申し込み者が勤務しているのかどうか確認するために電話による在籍確認は実施されます。

 

その審査に何か問題点がある際には、審査が通らない若しくは利用限度額が低く設定されるケースがあります。以上のようにメガバンクともなるとカードローンの審査は厳しくなります。また三井住友銀行カードローンの申し込みの際の必要書類は、まずは本人確認の書類が必要になります。主に運転免許証があれば問題ありません。他には個人番号カードやパスポートでも大丈夫です。

 

それと三井住友銀行カードローンの申し込み額が50万円を超える場合には、収入証明書が必要になってきます。具体的には、給与明細書や源泉徴収票そして税額通知書や確定申告書などを用意すれば問題ありません。さらに必要に応じて用意する書類もあります。申し込み時には、金額等載っている請求書や契約書などの資金使途確認書類や納付済の振込受取書や領収書等などの支払済確認書類が必要になることもあります。

【スグにお金が必要な方におすすめ】

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!