カードローン 金利

MENU

▼即日でお金を借りるなら▼

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!

カードローンの金利は利用する会社によって異なる

給料日前に現金が必要になったり、突然結婚式などのイベントが入ったりしたときに頼りになるカードローンですが、借りたものはしっかり返さなければはならないという事は頭に入れて利用しなければなりません。カードローンは、借りた金額を返せばいいというのではなく、利息もつくことから、カードローンの金利は利用の際にしっかりとチェックしておくべき重要な事柄になります。

 

カードローンの金利は利用する会社によってそれぞれ異なるため、より低金利なところを選ぶことで、お得に利用することができるといえます。一方で、返済方法や返済期日など、カードローンの金利以外の部分にもそれぞれに違いがあるため、自身の給料日なども考えてより返済しやすいところを選ぶことも重要です。

 

カードローンの金利が低いからといって安易に利用したり借り換えたりするのではなく、総合的に見て自分の状況に最も合った会社を利用することが、無理のない返済計画のためにも欠かせないのです。

 

カードローンは低金利な会社を選ぶのが利用するための秘訣

カードローンを申し込みたいと思ったときに、カード会社がたくさんあって驚いたという方も多いのではないでしょうか。ネットで探せばたくさんの会社も出てきますので、とりあえず目に付いた会社や大手なら大丈夫だろうと申し込みをする方も少なくありません。申し込むときはそれでもいいかもしれませんが、利用した後には金額にもよりけりですが、長い返済が待ち受けています。選ぶときには少しでも低金利で提供している会社を選ぶことが、長く安心して利用するための秘訣です。

 

大きな金額を借りたときでも、小額の借り入れだった場合でも、基本的には決められた返済日のみ引き落としがあります。終わるまではずっと返済が続くのですが、金利が高いと支払う利息が高くなってしまって、幾つかカード会社があったとしても、同じ金額を借りていたのに高金利の会社を使っていた場合には総額で支払った金額が高くなってしまうのです。申し込みをするときには、審査の通りやすさやATMなど提携しているところが多いかどうかなどが主な比較になりますが、金利についてもしっかりと良く見ておくようにしましょう。長い目で見ると低金利の会社の方が結果的に損をせずカードローンを使えます。

 

低金利で利用できるカードローンがおすすめ

手持ちのお金がなくても、急にお金が必要になった時には、必要な審査を通過することで最短で即日に融資をしてもらえるのがカードローンのメリットです。

 

基本的には過去にローン返済に関して悪質な滞納の経験がないことや、ある程度の収入がコンスタントにあればだれにでも借りることができます。借りたお金は金利と一緒に返済することとなるのですが、カードローン会社によっては金利も異なっています。

 

一般的に消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が金利が安い傾向があるのですが、低金利で利用できるカードローンの中には即日に融資をしてもらうために、事前に借りる予定の銀行の口座の開設が必須の場合もあるので、事前に電話やメールなどで問い合わせをしておくとよいでしょう。
申し込みに関しては店頭だけではなくて、インターネットや無人契約機からも可能となっています。

 

借り入れの際には運転免許証などの本人確認ができるものに加えて、借入金額が50万円を超える場合には給与明細などの収入証明書なども準備しておくとよいでしょう。

 

最低金利が適用される最高融資額

銀行系のカードローンではその他の金融会社よりも低い金利で借りることできるケースが多いですね。また消費者金融や信販系のローンであっても低い金利で借りられるような金利の商品は存在しています。

 

ただし低金利のローンを初回から利用できるケースはあまり多くなく、一般の人が初めて申し込む場合では銀行であれ消費者金融であれスタンダードな金利しか選べず、また金額もせいぜい50〜100万円程度までしか借りられない場合がほとんどです。

 

ちなみに通常の銀行系カードローンでは年利で10%前後、消費者金融では18%前後がスタンダード商品の金利の平均数値で、ローンの広告などで謳われているような年利数パーセントの最低金利を利用するには、最高限度額まで借りられるような与信や社会的属性が必要となります。たとえば最高融資額が500万円である場合、総量規制から判断すると最低でも1500万円の年収が必要となりますし、もしくはそれに匹敵するような換金可能財産を担保にするなどのアプローチを選ぶ必要があります。最低金利を利用するにはそれだけハードルが高くなっているのです。

 

カードローンに申し込む際の金利計算

カードローンに申し込んでお金を借りようとする場合、もっとも意識しなければならないのが返済総額です。返済は毎月行うものですが、1回あたりの金額に囚われてしまうと、予想以上に負担が重くなる可能性があります。1回あたりの金額が少ないと楽に感じられますが、結果的には多く支払って苦労するのです。返済総額を把握するためには、しっかりと金利計算をすることが欠かせません。借金を返済する際は元本と利息を支払うわけですが、変動するのは利息の部分です。

 

当然のことながら、金利が低ければ低いほど返済する金額も少なくなります。ただし、金利は一律に決められているものではなく、さまざまな条件によって変化することに注意が必要です。信用状況などにより、金利が高くなったり低くなったりします。カードローンに申し込む際は、金利が高めになる前提で金利計算を行うのが基本です。

 

また、返済する方法が複数あることにも注意しなければなりません。毎月の返済金額を一定にする方法もあれば、最初のうちは多めに返済し、徐々に金額が減っていく方法もあります。自分の返済がどちらの方法なのかを確認し、適切な金利計算を行うことがカードローンでの失敗を防ぐコツです。

 

カードローン低金利と限度額はどちらに着目するべき?

カードローンの比較をするときにチェックするのは、多くの人が金利と限度額でしょう。低金利と高額融資を兼ね備えているのが理想と言われますが、両者を比較すると金利のほうが重要なポイントです。カードローン低金利で借りることは、将来の利息に直結してくるからです。利息が少ないほど支払うべき手数料が減るわけですから、結果的にお得になるでしょう。利息は自分のお金から捻出するわけですから、1円でも減らしたいのが本音のはずです。限度額はそれほどこだわる必要はなく、それは総量規制の縛りがあるためです。

 

カードローンを利用する人の多くは消費者金融から借りていますが、借入上限は年収の3分の1以内となっています。年収300万円で借りられる上限は100万円になりますので、500万円の限度額を設定しているカードローンは必要ありません。何より借りすぎてしまうと返済が大変になるので、むしろ限度額は少なく設定されているローンのほうが安心できます。やはりカードローン低金利で借りることが最大のメリットであり、元金充当額を増やす上でも効果的です。借金は元金が減らなければ完済できない仕組みになっていますので、元金を減らすためにもカードローン低金利の商品を選ぶことが大切になります。

【スグにお金が必要な方におすすめ】

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!