カードローン 借り換え

MENU

カードローンの借り換えとはどのようなことか

カードローンの借り換えとは、現在利用している借り入れ先とは異なる金融機関と契約し、そこからお金を借りて以前のものを全額返済することです。複数の借り入れをまとめる場合にも利用されることがあります。

 

これを行う目的になるのが、金利の引き下げと管理の負担を軽減することです。カードローンは新規契約した時点では限度額が低くなっており金利も高いですが、信用を得て限度額を引き上げれば金利が下がる仕組みになっています。複数の金融機関を利用していれば各社の限度額はほとんど上がっていないので、これを1つにすれば金利が下がります。

 

また、それぞれで返済日が異なっているので、遅延を起こしてしまう原因になりますが、この管理も簡単にできるのがメリットです。借り換えの際に注意が必要になるのが、以前よりも条件が良くなると考えられるものだけを対象にすることです。例えば元々金利が低い銀行のカードローンを消費者金融に借り換えするのは意味がなく、損することもあります。

 

カードローンの借り換え審査の難易度は高い?

カードローンは借り換え目的で融資してくれるものが少なくありません。基本的に用途自由となっており、おまとめは不可と記載されていなければ借りることができます。用途に制限がある場合は、他社借入金の返済や事業性資金、投機性資金は不可などと記載されています。何も記載をしていない場合は、申込者の自由に使えるわけです。ただ借り換えのための審査になると、初回融資のときよりも厳しくなる傾向があります。カードローンは最初に申し込みするものが、最も審査に通過しやすくなっています。2件目以降になると審査が厳格になりますが、これは他社借入があるからです。

 

借入件数が増えるほど総量規制の貸付上限に到達しやすくなります。消費者金融のカードローンの貸付上限は年収の3分の1となっています。それを超えて借りることはできないので、1件目で総量規制の上限に到達していれば、他社から追加融資を受けることはできません。借り換えをする場合は、一時的に現在の借入額の2倍の債務を背負おうことになるでしょう。そのため消費者金融からは借入できないことが多いです。銀行カードローンの場合は総量規制による上限はありませんが、銀行独自の線引きを設定していることがあります。いずれにしても借り換えの審査は、初回契約のときより難易度が高いと考えてください。

 

カードローンの借り換えはより低金利な会社を選ぼ

カードローンの借り換えを検討する際に重視するポイントの1つとして挙げられるのが、返済時にかかる金利です。金利が高ければその分利息を多く支払う必要があるため、元本がなかなか減らずに返済期間が長くなってしまうこともあります。現在借り入れを行っているカードローンの会社よりも低金利な会社に借り換えれば、今後支払わなければならない金額を減らすことにもつながります。

 

金利とは別に月々の返済額が決まっている会社もある点には注意が必要です。いくら低金利でも、毎月の支払い額が多すぎでは支払うことができませんし、反対に小額の場合は返済期間が長くなってしまうという問題があります。様々な情報をしっかりと把握し、それぞれの長所や短所を見極めた上でカードローンの借り換えを行うことが、よりお得にカードローンを利用することや、より安定した返済を行うことにつながっていくので、しっかりと比較を行い自分の状況に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

カードローンの借り換えにはデメリットもある

カードローンは各社で返済の条件が違いますから、途中で金利の低いカードローン会社に借り換えることで返済負担を減らせることもあります。でも、その部分だけを見ていると、デメリットに後から気がついて後悔するかもしれません。デメリットというのは、いくつかありますが毎月の返済額が少なくなってしまうことで、返済期間が延びてしまうことがります。金利が低くても返済期間が延びれば、総返済額が増えるので借り換えの意味はなくなります。

 

また、借り換えで利用するのは、いわゆるおまとめローンと呼ばれるものです。これは現在ある借り入れを返済するためだけのローンです。消費者金融系でも貸金業法が定める総量規制の対象ではありませんが、何かの理由で資金が急に必要になった時に追加融資を申し込むことはできません。

 

あとは、借り換えをする時のには手数料がかかる、審査を受けなければいけないといったこともデメリットです。あらゆることを想定してデメリットが大きいようであれば、現在のカードローンを利用し続けるのも一つの選択です。

 

ろうきんで申し込むカードローンの借り換え

住宅のような高額の買い物をする場合、手持ちの資金だけで全額を支払うことは困難です。たいていの人は、銀行などの金融機関でローンを組む必要があります。ローンを組む際は、どのくらいの金額が必要なのかをしっかり考えなければなりません。返済するのが難しい金額を借り入れてしまうと、その後の生活が苦しいものになってしまいます。きちんと返済プランを立ててから借り入れるのが、ローンで失敗せずに済むコツです。

 

お金を借り入れる方法は多数ありますが、一般的な方法といえるのはカードローンを利用するものです。ただし、カードローンにはさまざまな種類があるため、申し込む前に比較することが望ましいといえます。また、一度借り入れたら最後まで同じカードローンの返済をしなければならないわけではなく、途中で借り換えを行うことが可能です。借り換えを上手に行えば、返済総額を減らすこともできるようになります。

 

たとえば、ろうきんでカードローンの借り換えを申し込むと、他の金融機関と比べて金利が有利になり、スムーズに返済できる可能性が生まれます。ろうきんは労働組合に入っていることが条件のようなイメージがあるのですが、安定した収入を得ている会社員なら申し込みが可能です。

 

カードローンの借り換えは金利などを比較して行う

急に現金が必要になったときなどに頼りになるカードローンですが、まとまった金額をかけるとその返済もなかなか大変なもので、特に金利が高いところなどでは利息分だけで結構な金額になってしまいがちです。毎月の返済が思うようにいかないと感じる場合は、カードローンの借り換えを検討してみるのも1つの方法でしょう。

 

カードローンのサービスを提供している会社によって、金利や返済のスパンなどは違ってくるものです。同じ金額を借りていても、借り換えを行うことで月々の返済金額を抑えることができたり、より低金利での返済が可能になったりします。

 

自分に合った堅実な返済方法やより低金利でサービスを提供しているカードローンの会社に借り換えをする際には、それぞれの会社の情報をしっかりと比較することが重要になってきます。とは言え、それぞれの契約や金利、返済方法等をしらみつぶしに探していては大変な労力になってしまう場合もあります。

 

そんなに役立つのがカードローン会社の比較サイトで、それぞれの会社の特徴などをわかりやすく説明していたり、より低金利でお金を借りられる会社を紹介していたりしているので、借り換えの際に参考になる情報を多く見つけることができます。