主婦 カードローン

MENU

主婦が借りれるカードローンにはどのようなものがあるか

カードローンは原則として使いみちが自由であるため、日常の生活費から不意の出費、旅行や自分磨きの費用に至るまでさまざまな目的に使える便利なローンです。さらに、申込者本人に継続した安定的な収入があれば、担保や保証人不要で利用できるという点も魅力です。

 

ここでいう「継続した安定的な収入」とは、一般的にはサラリーマンやOLなどの月給がイメージされます。ただし多くのカードローン会社では、パートやアルバイトなどの収入でも継続性や安定性があればOKとしているので、たとえば主婦であっても毎月パートで働いていて一定の収入があれば、利用できるチャンスがあります。

 

では、収入のまったくない専業主婦が借りれるカードローンはないのかというと、決してそんなことはありません。実は、継続した安定的な収入があることを必須条件としているのは、いわゆる貸金業者の取り扱うカードローンです。これに対して銀行の取り扱うカードローンの中には、専業主婦でも利用できるものが存在します。

 

専業主婦が借りれるカードローンがある事について

お金が必要になった時に、気軽に即日借りられて便利で利用者が増えているサービスにカードローンがあります。カードローンは原則有職者で収入がないと契約して利用する事が出来ず、収入のない専業主婦では利用できません。

 

そのためTVCMで流れているような大手消費者金融のほとんどは、申し込めません。そんな中で一部の金融機関では、専業主婦が借りれるカードローンが存在します。大手メガバンクやネット銀行では、例え専業主婦自体が収入が無くても、配偶者である夫に安定した収入があれば、それを担保としてカードローンを利用する事ができます。安定した収入とは、公務員や会社員などの月収取りだけでなく、自営業者や不動産経営者であっても、毎月収入があれば問題ないです。

 

また一部の貸金業者では、配偶者貸付というサービスがあり、専業主婦であっても夫婦の年収を合算した金額の3分の1までを上限としてお金を借りられます。だけど借りるまでの審査に時間が掛かるため、カードローンのように即日融資は受けられません。

 

主婦でも即日融資を受けられる方法

主婦は収入がありませんので審査に通過するのが難しいのですが、銀行カードローンなら即日融資を受けることも可能です。その際、自宅への郵送物を無くせますし、配偶者の同意も要りません。銀行は総量規制の対象となっていても、配偶者貸付という制度があり、配偶者の所得と合わせて審査を行ってくれます。主婦が即日融資を受ける場合に利用しやすいカードローンもあり、土日でも即日で借りられるところがあります。

 

パートやアルバイトで働いている主婦なら、消費者金融からでも借りることが可能です。消費者金融によっては女性専用レディースローンが用意されており、気軽に利用できます。無利息期間を上手に活用できれば、かなり便利な使い方ができるはずです。他にもクレジットカードのキャッシング枠を使った借入なら、すぐにでも引き出せます。キャッシング枠を使う時には改めて審査を行う必要がありませんので、スムーズに手続きできるのがメリットです。

 

旦那にバレずに借りることを希望する主婦が増加中

主婦で買い物や交際費などがかさみ、旦那にバレずに借りることが出来る金融機関を探しているという人は少なくありません。実際、需要が非常に高いためレディースローンを扱っている金融機関も多いですし、レディース専門のところでなくてもパート収入などがあるか、夫に安定した収入がある場合には融資を受けられるケースは少なくありませんのでシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

 

主婦でも、まとまったお金が必要になることがありますしどうしても手持ちのお金で足りない場合には、融資を受けたいと感じることもあります。そのような時に、主婦でも利用できるキャッシングやローン会社は非常に情報です。旦那にバレずに借りることが出来るのであれば、家庭内を平和に保つことが出来ますし急な出費もまかなうことが出来ます。初回なら、金利などはかからないという会社も多いですので、まずはウェブサイトから融資が可能かの審査をするのが良いでしょう。

 

借りるなら在籍確認なしの方法を相談

金銭的に厳しい場合には、カードローンなどを利用してみるというのも一つの方法です。一時的にお金のやりくりが厳しいという場合には、そのようなサービスを利用するのも有効な手段といえるためです。ただし、お金を借りるということは、金銭的に厳しいという状態のため、それをできればバレたくないという方もいるでしょう。

 

特に職場などに在籍確認の連絡がくるのは避けたいという場合には、申し込みをして在籍確認なしの方法を相談するのも一つの方法といえます。基本的に、職場に在籍確認の連絡がきても必要最低限のことしか聞かれないため職場の人に気付かれるということもめったにありません。ですが、念には念をいれて、職場に在籍確認の連絡をしないようにするためにも、最初の段階で相談をしておきましょう。

 

そうすることで、相手側も利用者の気持ちを考慮した対応をしてくれることもあります。借りる金融会社にもよって多少の違いはあっても、きちんと相談をすればなんらかの別の対応をとってくれることになるでしょう。利用する側としても、対応してもらえれば安心して利用できます。金銭的に厳しいなら、生活なども見直してみて節約をするなど自分なりに対策をするということも必要です。

 

主婦がカードローンの審査落ちする理由は何か

主婦がカードローンに申し込んで審査落ちする理由で考えられるのが、収入がないことです。一般的に本人の収入があることが利用条件になっており、アルバイトやパートなどで収入があればこれを満たせますが、専業であれば申し込みの資格がないので審査落ちします。収入に関しては銀行ではアルバイトやパートは対象外になっている場合もあるので、事前に条件の確認が必要です。消費者金融のカードローンであれば、総量規制の対象になるのでそもそも収入がなければ法的に借り入れができなくなっています。

 

ただし、大手では対応していませんが、一部の消費者金融の中には配偶者の収入で借り入れを認めるものがあるので、それを探して申し込めば審査に通る場合があります。銀行は総量規制の対象ではありませんが、それでも返済できる見込みがない相手との契約は避けるので専業主婦の利用は難しいです。

 

こちらも配偶者の収入で認めるものや、限度額は低くなっていますが無職でも借りられるものがあるので、それに申し込むと良いでしょう。後者に関しては本当に無職でも通るというわけではなく家族が支払えることを想定しているものなので、配偶者のいる主婦であれば問題ありませんが、独身の1人暮らしでは利用できません。