お金借りる アイフル

MENU

アイフルとは自由度が高く安心安全な消費者金融会社

アイフルとは1967年に創業者が個人経営で始めた消費者金融業が1982年に同業3社が統合により誕生した消費者金融会社であり、本社を京都府京都市に構えつつ全国展開しています。

 

そのようなアイフルは独立系の消費者金融会社という特徴があり、親会社が存在しているわけではないので経営方針や審査基準の策定に際し自由度が高く、利用者にとって利便性が高かったり安心材料になる商品が多数展開されています。

 

そのため、無担保で利用可能なキャッシングローンや総量規制に該当しない商品が提供されている上、キャッシングローンは申込と審査、手続と借入という4段階のみで完了しますし要する時間も最短で30分間なので即日融資も可能です。

 

さらに、アイフルでは女性用のカードローンも提供しており、専用の電話番号を用意していたりお店に訪れずウェブサイトのみで申込と契約が完了させられるなど、女性ならではの悩みに配慮されている事に加え利用限度額も10万円までに定められているので、女性の利用者から寄せられる事が多い借り過ぎてしまう心配もありません。

 

アイフルで異なる手続きを選んだ時のお金借りる流れ

アイフルでお金を借りる場合は、店舗まで足を運ぶのがひとつの選択肢です。本人確認や収入を証明する書類を持っていき、審査に通れば契約となります。カード発行もその場で行なえて、後は口座振り込みや提携ATMなどを使って借りられるシンプルな内容です。

 

それ以外にも電話やインターネットを使用した方法があり、店舗よりは自分で行なう手順が多いためお金借りる流れは比較的複雑です。電話の場合は午前9時から21時まで対応していて、申し込みの後に審査が行なわれます。それに通過すればカードが発行されますが、近くに店舗があれば直接受け取り、なければ郵送の形になります。

 

インターネットの場合は24時間365日対応しているのが特徴で、パソコンやスマートフォンに携帯電話など一通りの端末に対応しています。申し込みのタイミング次第では最短30分で審査が終わることもあります。またインターネットを使用した契約に限ってはスマートフォンのアプリを使用したカードレスの選択も可能で、郵送手続きが必要ありません。

 

どの手続き方法を選択しても本人確認書類の提出は必要ですが、もし利用限度額が50万円以下で他の金融機関を含めた借り入れの総額が100万円を下回っている場合は収入証明書は基本的に不要です。

 

アイフルのキャッシング申し込み条件とは?

アイフルの利用が初めての人は、最大30日間金利ゼロ円でキャッシングローンを利用することができるサービスを行っています。さらに、申し込みから契約、そして借入すべてをネットで完結することができるので、平日日中は仕事でお店に行くことができない人でも便利ですし、申し込みを行った時間帯に応じて即日融資の可能性もあるなど魅力来なサービスを行っています。

 

アイフルのキャッシングローンを利用したいけれども、申し込み条件に自分は合うのだろうか、こうした不安を感じる人は多いのではないでしょうか。基本的には年齢が20歳以上69歳以下、安定した継続収入がある、他社からの借入総額と年収の3分の1の金額の作額が限りなく大きい人などの条件があります。アイフルは総量規制が適用される金融業者ですから、他社からの借入額が大きい場合には利用できる金額が少なくなる、もしくはゼロになることもあります。そのため、借金をしていない人であれば年収の3分の1未満の中でキャッシングローンの利用が可能です。

 

アイフルの金利は高い?利用限度額は?

アイフルは大手消費者金融に分類が行われている貸金業者の一つです。貸金業者には総量規制と呼ぶ規制制度が適用されているのが特徴で、お金を借りることができる利用限度額は年収の3分の1未満までになります。300万円の年収の人は最高でも100万円まで、600万円の年収の人は200万円が利用上限になるわけです。尚、アイフルのキャッシングローンは最高800万円までの高額ローン商品と言えましょう。総量規制の観点から、最高額の800万円を契約するためには年収が2400万円必要です。

 

金利は年利3.0%〜18.0%、遅延損害金は20.0%などの金利になっています。利用限度額が多くなればなるほど、金利は3.0%に近づくのが特徴で巣から、少額キャッシングなどの場合は、利息を減らすためにも返済期間を極力短くするなどの工夫がお勧めです。仮に、10万円を借りた時に、1年間11回で返した時の返済総額は109,106円ですが、2年間で返済計画を立てた時の支払総額は119,712円になるなど、年数が1年間増えることで約1万円の利息を払うことになるわけです。

 

アイフルの返済方法と手数料について

消費者金融であるアイフルでお金を借りた場合、お金を返済する必要がありますが、様々な返済方法が存在します。銀行振り込みやコンビニ、アイフルの店頭で返済を行うことができます。他にもATMを利用することもでき、提携ATMやアイフルATM、口座振替でも返済することが可能です。

 

返済に関しては、場合によっては手数料が発生する可能性もあるため、事前に調べて自分に合う方法で返済を行うことをお勧めします。手数料が発生するのは銀行振り込みとなり、手数料は利用する金融機関によって異なります。コンビニや提携ATMでも手数料が発生すると考えて間違いありません。

 

コンビニ内に設置されているマルチメディア端末や提携ATMにローンカードを挿入して返済を行いますが、1万円以下の場合は1回につき108円、1万円以上の場合は1回につき216円の手数料を支払わなければなりません。アイフルATMや店頭、口座振替で返済を行う場合は無料となります。口座振替は自働的に返済額が引落しされるため、手続きを行う時間を気にする必要がないため手軽です。時間に関しては、アイフルATMは7時から23時まで利用することができ、土日祝日も営業しているため大変便利です。

 

アイフルで各種ローンで審査を受けるのに必要書類

アイフルは独立系の消費者金融会社で、ユニークな宣伝を展開しており知名度の高さにも優れています。アイフルの扱う金融商品は個人向けの融資事業をメインに扱い、他にも事業向けのサポートローンも行うなど幅広いです。

 

当然に個人がアイフルでキャッシングを行いたい場合には、まず申し込みをして審査を受けることが必要になります。その審査も法律に則って行うため、収入が存在しない無職の方向けの融資を行っていません。

 

アイフルの店頭に赴いて自動契約機を利用した場合、審査を受ける上では必要書類を提出することが必要です。まず必要書類には本人確認書類を必要とし、その場合には名前・住所・生年月日を確認することができる運転免許証の提出するだけで良いです。

 

他にも顔写真付き証明書なら対応することもでき、パスポート・住民基本台帳カード・マイナンバーカードなどであれば代用することもできます。もっとも顔写真付きの証明書を所有していない場合は、2点の組み合わせによる証明書を必要とします。

 

それと収入を証明する書類の提出を必要とし、源泉徴収票・住民税決定通知書・所得証明書等が該当します。ただ50万円を超えない借り入れの場合には、別段、それを必要としないですが、提出しておけば審査に通過しやすくなります。