おまとめローン

MENU

▼即日でお金を借りるなら▼

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!

消費者金融のおまとめローンを上手に活用する方法

複数の消費者金融から借入している人は、一本化したいと考えているかもしれません。一本化すれば毎月の支払いが1回で済みますし、今より低金利のローンに乗り換えすれば利息が減ります。消費者金融のキャッシングやカードローンを利用している人の最大の悩みは、利息が大きくて元金が減らないことです。借入残高が減らない以上は、ローンが終わらないことを意味しています。そこで役立つのが消費者金融のおまとめローンで、借金の負担を軽減するために役立ちます。

 

返済が厳しいからと言って、すぐに債務整理をする選択肢は得策ではありません。債務整理をすると信用情報機関に登録されて、5〜10年間はローンの利用ができないのです。消費者金融のおまとめローンならば、こうしたペナルティを課される心配はないです。消費者金融のキャッシングなどの多目的融資は総量規制の対象になり、借入上限は年収の3分の1となっています。これに対して消費者金融のおまとめローンは、おまとめに特化しているので総量規制の対象にはなりません。

 

おまとめローンのメリットと申し込み方法

複数の金融機関からお金を借りた場合、返済日が異なることがあるので返済金の調達に苦労してしまいます。そのような悩みを持っている人におすすめなのが「おまとめローン」で、借り入れ先をひとつにまとめることからこの名前が付いており、ローンを1本化することでさまざまなメリットが生まれます。そのひとつが借入総額が大きくなることにより金利が安くなるため月々の返済額が軽減されることと、返済日も毎月1回になるため精神的に余裕ができることです。

 

このおまとめローンは銀行や消費者金融などの金融機関で扱う商品ですが、消費者金融は審査が比較的緩いものの金利が最高の18パーセントなので、最高金利が15パーセント前後の銀行のカードローンを利用するのがおすすめです。おまとめローンの申し込み方法は、銀行の公式サイトやFAXなどで申込み、仮審査が通ったら送られてくる必要書類に記入し返送します。これが本審査で、問題なければ開設した口座にお金が振り込まれますので、そのお金で今まで借りていた金融機関に一括返済することができます。

 

ただし、書類のやり取りや2回の審査があることから即日融資は不可能であるため、余裕を持って申し込みすることが大切です。

 

消費者金融のおまとめローンを利用するメリットとは

予定外の出費などで直ぐに必要なお金が手元に無いときに、消費者金融のキャッシングローンは便利に利用出来るサービスです。とはいえ、自分自身の収入をきちんと踏まえた上で計画的な借入と返済を行わないと、自分自身が返済に追われる事になってしまいます。

 

複数のローン会社から借入をしていると、返済日がばらばらで管理が大変になってしまう事もあります。管理をスマートにして金利を下げる目的などで利用されることが多いおまとめローンは、複数の消費者金融からの借入金をひとつにまとめて、効率的に返済を行えるサービスです。

 

おまとめローンを利用すると、複数抱えていた借入先が一つにまとまり、毎月大変だった返済管理もスマートになるメリットがあります。基本的にこのサービスを利用することによって金利も下がるために、月々の返済額が減ることは非常に大きな魅力になります。複数抱えていたローン会社の借入が一つになる事は、金銭的な返済の負担はもちろんのこと、精神的にも負担が減ります。計画的に返済をして完済を目指す人にとっては魅力的なサービスなのです。

 

おまとめローンを利用するときの金利

複数の借り入れを1つにするおまとめローンを利用する目的になるのが、金利の引き下げです。限度額が高くなると金利は引き下げられるので、個々の借り入れ額が少ない場合でもまとめられれば高くなるため金利を下げられます。

 

しかし、なんでも1つにすれば良いわけではないので、どの借り入れをまとめるべきなのか十分に検討しないと失敗することもあるので注意が必要です。例えば銀行のカードローンは一般的には消費者金融よりも低くなっているので、消費者金融にまとめるのは避けた方が良いでしょう。なお、消費者金融でおまとめローンを利用するときに年収の3分の1を超えてしまう場合がありますが、法律上はこの借り換えは許可されています。

 

一方的に有利になる借り換えは総量規制の例外とされるので、専用のものを利用するのであれば問題ありません。ただし、希望額が高ければ審査は厳しくなるので、返済ができないと判断された場合には断られて利用できないことは知っておいた方が良いです。

 

おまとめローンを利用する際は審査の基準を把握することが大切

カードローンなどでお金を借り入れる場合、申し込めば誰でも借りられるというわけではなく、事前に行われる審査を通過することが求められます。どうすれば借り入れることができるのか、明確な基準が公表されているわけではないのですが、どの金融機関でも共有している一定の基準もあるため、それを把握しておくことが大切です。やみくもに申込を繰り返しても、断られてしまう回数が増えるだけで、好ましい結果につながることはありません。

 

一般的なカードローンで審査に通るのも楽ではないのですが、より厳しいと考えられているのがおまとめローンです。おまとめローンを利用したい人にとっては、審査の基準をきちんと把握することが極めて重要だといえます。何のために審査が行われるのかを考えると、何が基準になるのかが見えてきます。言うまでもなく確実に返済できるかどうかを確認することが目的なので、生活状況や他社での借入状況などが判断材料になるのです。とりわけ重視されるのは信用情報なので、これまでに借金返済を滞納したことがあると不利になります。おまとめローンは審査に通るのが難しい印象があるわけですが、生活状況や借入状況に問題がない人の場合は、それほど恐れることはないのです。

 

おまとめローンが総量規制の対象外になる訳とは

消費者金融から借りるときは、総量規制の問題が生じてきます。キャッシングやカードローンは年収の3分の1までしか借りられないという話を聞いたことはあるでしょう。これは借りすぎによる多重債務を防ぐために作られたもので、総量規制をきっかけに多重債務者は激減しました。キャッシングなどの審査を受けるときは、消費者金融が信用情報機関に情報開示請求をします。ここで他社の借入状況をチェックするわけで、もし借りすぎているようなら融資は見送りとなります。申込者の返済能力を客観的に判断する術はありませんので、総量規制を目安にしているわけです。中には年収の半分くらいまで借りても大丈夫という人もいるかもしれませんが、そこは決まりに従うしかありません。

 

それに対しておまとめローンは総量規制の対象外となり、他社から高額の借入をしている場合でも融資を受けられる可能性があります。消費者金融のローンにおいても、おまとめローンに関しては総量規制の対象外にしています。これは用途が消費目的ではなく、一本化という目的を持っているためです。つまり目的融資に関しては、貸付制限は設けられていないのです。事業資金や教育資金の借入に総量規制が適用にならないのと同じ理屈になります。

【スグにお金が必要な方におすすめ】

【スグにお金が必要な方におすすめ】
審査時間最短30分!アプリローンで簡単!初めての方には30日金利ゼロ!
プロミス

【お得に借りたい方におすすめ】
選べる2つの無利息キャッシング!最短60分融資も可能!


【バレたくない方におすすめ】
Web完結申込なら電話連絡なし、郵送物なしで借り入れも可能!
モビット

【初めてで不安な方におすすめ】
初めての方で不安がある人にはサポート体制が充実しているアコムがおすすめ!